ブログ

海外の飲食店に転職をするメリットとは?

飲食店に勤務している人の中には、「いつか、海外で働きたい!」という願望を抱いている人もいらっしゃると思います。あまり知られていませんが、海外の飲食店に転職することには、さまざまなメリットがあります。そこで今回は、海外の飲食店に勤務することに、どんなメリットがあるのか紹介していきたいと思います。

1.高収入を実現できる可能性がある

海外の飲食店に転職するメリットの一つが、高収入を実現できる可能性が高いという点です。

 

もちろん、転職する国やあなたが持っているスキルによって違いはありますが、当社が転職先をコンサルタントさせていただいた方の中には、海外勤務3年程度で日本円・年収500〜800万円を達成された寿司・和食調理師が多くいらっしゃいます。

 

海外では個人重視で働くことになるため、責任が重いのですが、その分結果を出せば正当に評価され報酬として還元されることになります。

 

そのため、あなたに実力・努力があれば、日本よりも高い水準の報酬を得ることは十分に可能です。

2.日本よりも労働環境が良い

海外の飲食店に転職した場合、日本よりも良い労働環境で働くことができます。

 

海外の飲食店では、週休1~2日程度、労働時間は8~10時間程度です。日本よりも総労働時間が短いので、体への負担を減らすことができますし、自分の時間をより多く持つことで

趣味などをエンジョイでき、更に家庭・子供との時間を多く持つことができます。

 

また先述したように個人主義であり、自分の担当以外の仕事をする必要がないとの考えから、対人関係にストレスを感じることもありませんし、残業をする必要もありません。

 

自分のスキルアップに集中することができるうえ、自分の時間も大切にしながら働くことができる。このような環境は、多少改善されてきているとはいえ、日本の飲食店ではなかなかお目に掛かれないのではないでしょうか?

3.語学力を身に付けられる

語学力(英語力)は現在なくても多くのシェフが海外で活躍しているのが現状です。

しかし、海外で働く以上は、外国語を話す必要が出てくるでしょう。

また、英語力を少しでも身につけることにより給与にも

反映され高収入を約束されます。

 

海外の飲食店に転職することで、自身の語学力を高める良い機会になり意欲的に働くことになります。。

ここでポイントになるのが、話さなければならない状況に身を置くということです。勉強したことを即実践していくことで、語学力は飛躍的に向上していきます。

 

思い切って飛び込んでみたら、1年もしないうちに現地の言葉が少しずつ身について、新たな自分に出会うことができるかもしれませんし、素晴らしい世界が開けるでしょう!

もちろん、事前に少しずつ勉強しておくことも大切になるでしょう。

特に米国の主要都市では無料で英語を教えてくれる学校も

数多くあり、その気になれば空いた時間に語学を習得できる

環境があります。

 

当社では、出発する前に事前研修を実施していますので、海外生活に必要な異文化・語学力向上に必要な指導を実施しており、安心して海外生活を始めることが可能です。

4.価値観を広げることができる

海外の飲食店で働くことで、自分の価値観を広げることができます。

日本も急速に国際化しており、多くの外国人が日本に訪問したり、外国人勤労者が多くなり海外での勤務経験で異文化を身につけることが将来非常に役に立つことになります。

 

海外では、人種が全く違う人たちに囲まれて仕事をしたり、生活をしたりすることになります。さまざまな民族、宗教、ライフスタイルを持った人たちは、それぞれ異なる価値観を持っており、海外ではそれが尊重されています。

 

そのため、日本にいるだけでは知ることができないことをたくさん学ぶことになり、価値観を一気に広げることに繋がるのです。これまでにはなかった柔軟な発想力も培うことができ、国際人としての成長が約束されます。

5.人間関係に悩むことがなくなる

海外の飲食店で働くと、人間関係に悩むことから解放されるでしょう。

 

繰り返しになりますが、海外で仕事をする時に求められるのは「結果を出すこと」だけです。また、個人主義が尊重されるため、自分自身の仕事に集中することができます。

 

成果を出すことで素直に喜んでもらえて、給与がアップしたり、職場でのポジションがアップしたりしていくのが海外の職場環境なのです。

 

日本では、結果を出すことに加え、人間関係に気を遣う場面が非常に多く、それが原因で退職する人も多いのが現状です。

 

日本独特の「結果以外のことが求められる」ということが海外においてはありませんので、のびのびと自分らしく仕事をすることができるでしょう。

海外での労働体験が自信につながる

海外の飲食店で働いたことがある、という体験が自信につながります。

 

海外では、仕事において日本のように助け合う風習がありません。誰もが「自分自身」のために働いています。逆に言うと、それは結果を出し続ける必要があるということです。

 

そのような環境で働き、求められた結果を出したことで評価されたり、報酬がアップしたりする経験によって、自分自身の大きな成長を感じ、それが自信となって積み重なっていくのです。

 

そして、一度得た労働体験と蓄積された自信は消えることはありません。そのため、さらなる高収入を目指してスキルアップやキャリアップを目指すことに繋がります。また、仮に日本に帰ってくることになっても、そこで得た貴重な体験は必ず生きることになるでしょう。

 

海外での勤務経験は、あなたにとってかけがえのないものとなるはずです。

 

 

海外の飲食店で働くことで、さまざまなメリットを享受することができます。ほんの少しの勇気があれば、仕事に対する考え方が大きく変わり、幸せに生活していくことができるかもしれません。

お問い合わせ・ご相談は電話対応・メールについては年中無休・08:00−22:00 いつでも対応します

TEL 090-3217-1327
tk@amenity-jpn.com