シリーズ:米国勤務経験者談 その2

今回は、前回ご紹介した米国勤務者の本人コメントをお届けします。

1.米国勤務をする様になったきっかけ
父親が海外出張の多い仕事で幼い頃から海外での仕事に興味がありました。自分が働くようになりその気持ちを持ち続けながら仕事に励み、日本で経験を積んで自分の力を世界に向けて広めていきたいという気持ちになりました。

そうしているうちに、アメニテイ インターナショナル(AIC)の帷子社長に出会いアメリカで仕事が出来るというチャンスを頂き、渡米という運びになりました。

2.現地での状況及びアドバイス
①最低限の英語力は必要ですが、普段から行うことはそれほど大差はないないのでそれほど困ることはありませんでした。

②自分としては比較的早く慣れたと思っています。自ら積極的にコミュニケーションを取ることが大事だと思いますます。日本での経験があるシェフとなると現地の人達は警戒し仕事ができて当たり前という目で見てきます。
そこで頑固に意固地になっていては周りに溶け込むのは困難です。自分から入っていくというのが大事だと思います。

③労働時間は8時間が基本ですが、忙しさなどで当然変わってきます。オーバータイムの支払いがあるのかなどはお店側に聞いておく必要があると思います。
通勤時間は車で片道20分くらいのところに住んでいました。

④年俸制が基本となりその金額はお店によって差があります。チップもどうなるかなどはしっかり話をしてトラブルにならないようにしておく必要があります。

⑤将来はアメリカで定年を迎えゆっくりと老後を過ごせたら良いと思っています。
**米国の定年後の年金制度は日本と違いしっかりと管理され、米国政府から何年経っても確実に支給されると聞き安心しました。

⑥自分の経験上、アメリカに永住するくらいの気持ちがなければ行くのは難しいと思います。渡米前に準備をして生活の全てを持っていくことが大事になってきます。

3・保証人について
米国で生活するととなると、住居や車などローン契約するのに保証人が必要になります。それをどうするのかなどは事前に聞いておいた方がいいと思います。

アメニティーの帷子さんは渡米前は米国の異文化と仕事の違い等詳しくコンサルタントをして頂き、渡米後のアフターケアーもしっかりと親身になって本人と家族のことを考えてくれます。不安なことはそのままにせずに聞けばしっかりと何ら不安もなく話してくれますのでマメに連絡を取り合いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です